脱毛をする理由

脱毛クリームでのムダ毛処理

肌へのダメージが少なく、毛穴の深いところまでムダ毛処理ができることで人気なのが、脱毛クリームです。
脱毛クリームはタンパク質を溶かすアルカリ性の成分でできています。
これを皮膚に塗り広げ、10分間待つだけで毛が見る見る解け、ムダ毛処理ができてしまうんですね。
最近では毛根の近くまでしっかり解かせるものもあり、永久脱毛ができてしまう可能性も見えています。
使い方についてお話します。
まれに肌に合わないことがあるので、ひじの内側などにちょこっとだけ付けて10分間おき、様子を見てみます。
つまりパッチテストですね。
問題なければ、気になる部位に、水分のついていない乾いた状態でクリームを塗り広げます。
クリームの量は、溶かしたい毛が見えなくなるくらいが目安です。
その後、説明書どおりの所要時間が過ぎるのを待ちます。
時間が経ったら、ペーパーなどでクリームを拭き取ります。
その後お湯で優しく流し、タオルで上から押さえるようにして水分を拭き取ります。
最後に低刺激のローションで保湿し、お肌のケアをします。
脱毛クリームは毛を溶かすだけでなく、お肌も少し溶かしてしまいます。
ですから、そのダメージからお肌を回復させるために、保湿やローションでのケアなどが大切になります。
最近では低刺激の脱毛クリームや美容液入りの商品も開発されていますが、脱毛がきっかけで肌荒れを引き起こさないためにも、処理後のケアをきちんと行なうようにしたいものです。

美容・脱毛の参考になるネタはこのサイトがお勧め☆



Copyright(c) 2017 脱毛をする理由 All Rights Reserved.